「何がちがう?」内田かつのり先生のプラクティス。

 

もうかれこれ5年近く、師匠のクラス以外は受けたことがないので(それもどうかと思うけどw) 

最近のインストラクターさん達が、どんな言葉をリードで使っているのかわかりませんが、 

 

私がヨガを始めた頃は、多くの先生方がタダーサナに入るリードで

「内ももにチャックを閉めて」という言葉を使っていました。 

 

”意味わかんない、チャックねぇーしなぁ。”といつも思っていました。

 

まぁ、いま思えば、内ももを寄せ合うという意味なんだろうし、それがたどり着きたいイメージなんだろうけれど。

 

 

でもさ先生方、あなたの生徒さんたちが欲しいのは、

 

たどり着きたいイメージを言葉にしたもの

ではなく

 

イメージにたどり着くための言葉

ではありませんかね。 

 

「先生の言葉を理解するセンスがない、私が悪い」と飲み込みましたけど、それでいいのでしょうか。

 

 

 

たとえば「肩の力をぬいて〜」もそう。言いたいことはわかるけど、力を抜けない生徒さんにとって、「力を抜くための手段」が欲しいわけです。 

 

それについてあるヨガ講師から「呼吸〜」って答えが返ってきたことがありまして(失笑)、だからヨガ業界は世の中に認めてもらえないんだと確信しました。 

 

「お腹に力をいれて」も、「チャックを閉めて!」も、同じことです。 

 

インストラクターの勝手なイメージを理解してくれるのは、センスのいいお客様だけ。いわゆる運動神経がいい方達のみ。

 

それ以外の方は、諦めましょう。

  

 

 

とはさせないのが、この人です。

 

 

 

 

逆上がりもダメ、跳び箱も5段までしか飛べない運動オンチだった私が、ヨガインストラクターとして食べていけるようになったのは、 

 

イメージの押し付けだった先生たちを離れ、

イメージにたどり着くための言葉を使ってくれる師・内田かつのりにであったからです。

  

例えば身体に正しい背骨のカーブを作らせ、骨盤の傾斜角をあやつれば、内ももからお尻の穴までのラインが勝手にキュッと締まります。 

チャックを閉めた状態に辿り着いているのです。

 

生徒さんのセンスに頼らず、誰もがわかる共通言語で展開する内田かつのり先生のワークショップ。  

10月19日(土)と20日(日)2日間の開催です!

 

座学の講座「ヨガ解剖学データベース40」はすでに満席。

毎度、予約開始3日でほぼ埋まってしまいますので、次回ご予定の方はどうぞお早めに!12月21日・22日を予定してます!

 

プラクティスクラスは残席わずかですが、両日ともご予約可能です!
参加ご希望の方は、下のボタンからお入りください!

 

 

 

また翌週10月26日(土)・27日(日)は茨城でも内田ワークショップ開催

バランス系アーサナと、永遠のテーマである美しきダウンドッグを、当然ながら理想にたどり着くための言葉で解説していきます!

 

10月26日(土) 10:00 ダウンドッグ 8つのレシピ(6時間)

10月27日(日) 10:00 アナトミック骨盤ヨガワークショップ(2時間)

10月27日(日) 14:00 バランスアーサナクリニック(3時間)

 

お申し込み:yoga.shakti.2015@gmail.com

お問い合わせ:ヨガスタジオシャクティ http://www.yogastudio-shakti.info

ファスティング明けにお客様から頂いた手作り甘酒。