仕事を辞めたい時にすべきこと...(私の場合。)

 

「だいたい1年に1回は"仕事を辞めたい"と猛烈な憂鬱が訪れましてね。」 

 

先週はお客さま達の前でありながら、こんなオープニングトークから始めました。 

今年のは過去最大級じゃないかな、ってくらい本当に辞めようと思いました。 

 

けれど続けて私は、お客さま達にも伺いました。「辞めたい時、ないですか?」と。 

 

「しょっちゅうありますよ!」という答えが大方でした。 

 

 

 

 

だから、私も一緒。許してね。

 

 

でもこの話には、続きがあります。

 

「だけど、クラスをやっている時は、辞めたいという気持ちすら思い出さないんです。」と。

 

なので、皆さんにも聞きました。 

 

「仕事を辞めたいと思う時って、仕事をしていない時じゃないですか?」と。

 

朝とか、日曜日とか。

私の場合は、クラスがある日の午後。

 

大方の皆さん、首を縦に振られました。ああ、みんなそうなんだ。 

  

ここ、ちゃんと線を引けてないと、後々後悔しちゃうかもしれないです。

仕事が嫌なんじゃなくて、仕事の事を考えている時が嫌なんだと。

 

 

 

 

 

だから仕事の事を考えないで、もっと強烈な「関心ごと」をする、

もしくは、

考えないので済むならば、仕事自体が「関心ごと」に当たるかもしれない。  

 

 

ちなみにこの強烈な「関心ごと」のツールとして、アナトミック骨盤ヨガ®を選ばれる方は非常に多いです。 

アタマの中、確実に真っ白になりますからね。考え事をするのが嫌になるほどに!

 

いずれにしても、仕事中に「仕事を辞めたい」と思い始めたら、その時こそ真剣に考えましょう。

そうでなければ大した心配なし。

以上!

- Noriko -

ファスティング明けにお客様から頂いた手作り甘酒。